ハイパー文化史ノート
告知
文化史ノートの電子書籍版を工房李香工房李香文化史ノートとして販売中です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B091Q3Z28N/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_E7RPHCXEC4WJND1SVVCX

西洋文化史
(基礎工事はほぼ終了)
(基礎工事はほぼ終了)
(基礎工事はほぼ終了)
基礎工事終了,07年6月28日更新
 

(基礎工事はほぼ終了03年6月24日更新)
文学(基礎工事なんとか終了、05年1月23日更新)
経済思想・歴史思想(08年10月2日更新)
哲学思想・社会学・自然科学など(8年10月2日更新)
美術史・西洋音楽史を追加(08年11月13日更新)

東洋文化史
中国文化史(06年8月22日更新)
中国文化史(06年8月22日更新)
中国文化史(07年2月12日更新)
中国文化史(07年7月02日更新,基礎工事完了)



文化史人物編
おことわり
かなりな量の情報と私の浅学のため、内容の誤りや誤記もあろうかと思われます。また本来受験生向けに作成したデータですので、受験生が苦手とする文化史を、いかにかみ砕いて親しみやすく伝えるか、という点に重点を置いており、誇張的表現や一面的で興味本位な視点の採用をあえて行った箇所もあります。その点をお含み置きの上、お読みください。また,様々な文献を参照しましたが,特に『人間臨終図鑑』(山田風太郎,徳間出版,1987)の恩恵を受けています。『人間臨終図鑑』は『戦中派不戦日記』とともに山田風太郎の天下の奇書。日本人の基礎教養として(いやマジで),両書を未読の方は,是非ご一読下さい。

2001年7月28日山田風太郎逝去。藤沢周平に続いて戦後日本を代表する小説家がまたこの世を去ってしまいました。司馬遼太郎的歴史観と異なる視点を提供してくれるこの二大作家の作品は,今こそ読むべき価値を増していると考えるのは,私だけではありますまい。









トップページへ